IBM i をはじめとした幅広いソリューションで
お客様のシステムの課題を解決します

イベント/セミナー

実例から見る事業継続のポイント

東日本大震災は、それまでは“他人事“だと考えがちであった災害への意識を大きく変えてしまいました。
“想定外”という言葉が頻繁に使われたように、地震の規模だけでなく、それによってもたらされた多くの災害は、今まで頭の中で考えていたものを大きく上回り、私たちの生活、企業活動に甚大な影響を与え続けています。

本セミナーでは、震災時の実例や体験談を交え、有事の際に本当に機能するBCPを実現するためにはどうしたら良いのか改めて考察します。
事業継続策定のプロが語る“事業継続における重要ポイント”。この機会に、本セミナーに是非ご参加ください。

開催概要

セミナー名

実例から見る事業継続のポイント

~ あれから2年 3.11後の災害対策とBCPの実例 ~

会場

東京 (渋谷区)

日時

2013年 2月 15日(金)  14:00~16:25 < 13:30受付開始 >

場所

IBMイノベーション・センター

東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウェスト 18F (地図はこちら
※ マークシティ・ウェスト 5Fエレベーター・ホールから18Fにお上がり下さい。

[最寄駅]
JR / 東京メトロ 銀座線・半蔵門線・副都心線 / 東急 東横線・田園都市線 / 京王井の頭線
各線「渋谷駅」より徒歩5分

申し込み期限

2013年 2月 14日 (木)

定員

50名

参加費

参加費無料 / 事前登録制

主催

ベル・データ株式会社

備考
  • 定員に達し次第、お申し込みを締め切らせていただきます。お早めのお申し込みをお勧めいたします。
  • 当日は、お名刺をご持参の上、受付にお越しください。
  • 駐車場のご用意はございませんので、公共交通機関をご利用ください。

セミナーのお申し込みはこちら

▲ページの先頭へ

プログラム内容

14:00~14:10
<10分>

ご挨拶

ベル・データ株式会社 執行役員 営業本部長 徳田 剛

開催にあたる経緯とベル・データ近況

14:10~15:00
<50分>

休憩15分

セッション1

事業継続のプロが伝える、「本当に必要なこと」

ニュートン・コンサルティング株式会社 代表取締役社長 副島 一也 氏

“BCPを策定したら、それで終わりではない”BCP策定のプロが、BCPを行う上で本当に大切なことについて解説いたします。
数多くの企業へのコンサル経験や、2年前の大震災を通して改めて感じた点、IT部門の役割など、事業継続の現場、最前線からの情報や事例をお届けします。

ニュートン・コンサルティング株式会社  代表取締役社長  副島 一也 氏

ニュートン・コンサルティング株式会社 副島 一也 氏

1998年より、英国にてNEWTON IT Ltd.の立ち上げに参加。代表取締役に就任し、金融機関を中心に災害対策や事業継続マネジメントなどのコンサルティングを行う。2006年、現在のニュートン・コンサルティング(株)を日本で設立。多くの企業のBCMS構築支援を実施すると共に、IRCA(国際審査員登録機構)JAPAN諮問委員他、各機構の委員等も務める。また、2010年からは東京都が発足させた『事業継続計画(BCP)策定支援事業』を受託し、中小企業対象にBCP策定支援を行うなど、BCMS普及啓発に尽力している。

15:15~16:05
<50分>

セッション2

ユーザーから考えるBCP

並木精密宝石株式会社 業務管理本部 中野 昌哉 様

テレビ東京 ワールドビジネスサテライト『技あり!ニッポンの底力』 『ダイヤモンドで自由自在』にて 紹介された「並木精密宝石株式会社」のBCP実務を担当された業務管理本部ご担当者様から、BCPを行う上で実際に体験された経緯、策定の準備、実施にて得られた総括をご説明いただきます。

16:05~16:25
<20分>

セッション3

営業から見るお客様のディザスターリカバリー(災害対策)

ベル・データ株式会社 第二営業部 課長代理 岡村 晃章

業界を問わない約100社のお客様との営業現場でみられるBCPに対する傾向やディザスターリカバリーをご導入させていただいた事例をご紹介させていただきます。

※セミナープログラム等は予告なく変更されることがございます。あらかじめ、ご了承ください。

セミナーのお申し込みはこちら

お問い合わせはこちら

ベル・データ株式会社 営業部 (担当:岡村/菅原)

TEL:03-5326-4331  MAIL:bdseminar@belldata.co.jp

▲ページの先頭へ

Page Top