IBM i をはじめとした幅広いソリューションで
お客様のシステムの課題を解決します

イベント/セミナー

IBM i ⇔ Watson 分析・可視化でデータを探る セミナー

ビッグデータやAIなどを使い、膨大なデータを分析し、それらを業務に生かしていく、といったトレンドがあるものの、そもそもどこから始めたら良いのか、どうやって分析したら良いのか、といったケースが多いのが実情ではないでしょうか。
今回は、Watson Analytics、DaTaStudio(GallriaSolo)を利用して様々なデータから知見を得、データをより詳しく分析し、活用していく方法をご紹介します。
IBM i に眠っている貴重な情報を企業の成長のために積極的に活用していきましょう。

開催概要

セミナー名

IBM i ⇔ Watson 分析・可視化でデータを探る セミナー
 

会場

東京都中央区

日時

2017年 3月 17日(金)14:30~17:00 < 14:00受付開始 >

場所

日本アイ・ビー・エム株式会社 本社8F 805セミナールーム

東京都中央区日本橋箱崎町 19-21(地図はこちら

[最寄駅]
東京メトロ東西線・日比谷線 茅場町駅4番b出口 徒歩7分
東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅2番出口 徒歩3分
都営浅草線 人形町駅A4またはA5出口 徒歩12分

申し込み期限

2017年 3月 15日 (水)

定員

40名

参加費

参加費無料 / 事前登録制

主催

ベル・データ株式会社

共催

株式会社DTS
日本アイ・ビー・エム株式会社

備考
  • 定員に達し次第、お申し込みを締め切らせていただきます。お早めのお申し込みをお勧めいたします。
  • 当日は、お名刺を2枚ご持参の上、受付にお越しください。
  • 駐車場のご用意はございませんので、公共交通機関をご利用ください。

セミナーのお申し込みはこちら

▲ページの先頭へ

プログラム内容

14:30~14:45
<15分>

概要説明

ベル・データ株式会社 アプリケーション推進部 部長代理 松尾 有持

14:45~15:35
<50分>

セッション1

IBM i 最新情報と Watson Analytics 活用で進化するデータ分析

日本アイ・ビー・エム株式会社 システムズ・ハードウェア・エバンジェリスト 安井 賢克 氏

IBM i 搭載パワーシステムを取り巻く最新情報と、Watson Analytics を活用することで、IBM i 上の基幹業務データ分析がどう進化するのか、その可能性についてご説明いたします。

15:35~15:50
<10分>

休憩

15:50~17:00
<70分>

セッション2

BIダッシュボードツールで実現する IBM iデータの戦略的情報活用

株式会社DTS ソリューション事業本部 プロジェクトリーダー 宝来 幸弘 氏

パワーシステム上で稼動可能なBIツール「データスタジオ for Power」、ダッシュボードツール「ガレリアソロ」により、AS/400の時代から長年蓄積され続ける情報を「カンタン」「安心」「リーズナブル」に『可視化』することが可能となりました。 IBM iの更なる活用シーンの展開についてご説明いたします。

※セミナープログラム等は予告なく変更されることがございます。あらかじめ、ご了承ください。

セミナーのお申し込みはこちら

お問い合わせはこちら

ベル・データ株式会社 営業部(担当:早村)

TEL:03-5326-4331  MAIL:bdseminar@belldata.co.jp

▲ページの先頭へ

Page Top