製品・サービス

WatchGuard

WatchGuard

情報漏えい・サイバー攻撃からのリスクを最小化する多層防御ゲートウェイ

セキュリティ脅威は常に変化しており、これに対抗するためのソリューションも進化しなければなりません。WatchGuard はインターネット出入り口に設置する セキュリティ・アプライアンス(ハードウェア機器)製品です。不正侵入検知と防御、ゲートウェイ AntiVirus、アプリケーション制御、スパムメール対策、URL フィルタリングから、標的型攻撃対策、ランサムウェア、情報漏えい防止に至るまでの、包括的なセキュリティ保護機能群が、WatchGuard の独自オペレーティング・システム(OS)である Fireware 上に集約・提供されています。各機能はモジュール化されていますので、必要に応じてライセンスを購入すれば、直ちに利用開始できます。また、Fireware は将来登場するかもしれない未知の脅威に対抗できるよう、OS そのものが進化できる柔軟性を備えています。

お客様ニーズ

以下のご要望や悩みにお応えします

  • インターネット出入口のセキュリティ対策を実施したい。
  • アプリケーション・レベルでもセキュリティ対策を実施したいが、高価な製品しか見あたらない。
  • 現在セキュリティ・アプライアンスで色々な機能を動作させているが、パフォーマンスが出なくて困っている。
セキュリティを高めたい

特長・ポイント

① WatchGuard(ウォッチガード)の提供するUTM 機能

  • 各種専門ベンダーのセキュリティ・エンジンを搭載し、高機能と適切なパフォーマンスを両立した多層防御を提供
  • 日々進化する新たなセキュリティ脅威にも対応可能なモジュラーベースのコンセプト
UTM 機能

② 進化する脅威への対応

  • 各攻撃ステージ毎に有効的に機能するセキュリティ機能をオールインワンで提供
  • 仮に一つのステージを突破されても、別のステージで防御可能な多層防御を実現
進化する脅威

価格・料金

お問い合わせください。

WatchGuardに関連する製品・サービス

サイトからのお問い合わせ

※担当者へ直接届きます。