製品・サービス

IBM i (AS/400)

IBM i (AS/400)

ビジネスのための理想を追求し、常に成長を続けているシステム

ビジネスを支えるシステムはどうあるべきか、そしてそれを具現化するテクノロジーとしてどのようなものが必要になるのか。IBM i (AS/400) の設計はビジネス要件を追求するところから始まりました。TIM(I 独自の仮想マシン)、オブジェクト・アーキテクチャー、単一レベル記憶など、IBM i (AS/400) を表現するテクノロジーは他のサーバーには見られない、ユニークなものばかりです。それらの一つ一つは、掲げた命題から派生した、より具体的な要件を満たすために実装されています。設計された年代は古くても、その普遍性や正当性は、現在も数多くのお客様に活用いただいている事、常に高い満足度評価をいただいている事によって実証されています。
ビジネス環境に合わせて実装するべきテクノロジーを進化させるという姿勢は、AS/400 登場以来 30 年以上経った現在においても、DNA として IBM i (AS/400) 関係者の間に脈々と受け継がれています。IBM i (AS/400) は優れたアーキテクチャーをベースとしながらも、様々な最先端テクノロジーを取り込む柔軟性を備えています。
お客様次第で、IBM i (AS/400) は旧来のオフコンかも知れませんし、AI を操るサーバーかも知れません。変化の激しい現代においても、ビジネスという軸がぶれる事はありません。

お客様ニーズ

ビジネス環境の変化に伴って、お客様のシステムに対するニーズも進化・複雑化する傾向があります。ベル・データでは大きく二つの観点からニーズを意識する事をお勧めしています。それはすなわち SoR( Systems of Record : 基幹業務)と SoE( Systems of Engagement : 連携業務)です。

SoRから、SoRを前提にしたSoEへ

SoR は生産管理、販売管理、総務系アプリケーションなど、伝統的なシステムにおいて稼働してきたアプリケーションです。企業内部にあって、その経済活動を直接支えるシステムです。テクノロジー世代を超えて利用できる互換性が求められます。
SoE はモバイル、データ分析、IoT など新しいタイプのアプリケーションです。SoR を基盤として、企業成長や競争の原動力となるシステムです。ビジネス環境の変化に敏感である必要があり、短期に展開できる迅速性やオープン性が重視されます。
ビジネスは今やシステムに SoR と SoE の両側面を求めています。IBM i はまさにこれらの異なる要件を同時に満たす、統合型サーバーです。

SoRに特化したAS/400からSoEもカバーするIBM i へ。

特徴・ポイント

基幹業務と連携業務の二つのサーバー環境の観点から、IBM i の特徴を捉える事ができます。お客様はアプリケーションを開発する際に、どちらの環境がより適しているのか、もしくは両者を連携させるのか、最適なテクノロジーを選択・採用する事ができます。

【基幹業務環境】

  • TIM(I 独自の仮想マシン)
    テクノロジーの世代を越えて、お客様のアプリケーション資産を守ります。ハードウェアや IBM i バージョンをアップグレードしても、コンパイル済みのアプリケーションを手付かずのままに稼働できる環境を提供します。長期的に利用されるシステムとして、アプリケーション維持のためのコストを劇的に抑える事ができます。
  • IBM i における資産継承性。
  • オブジェクト・アーキテクチャー
    システム内部に存在するあらゆるデータをオブジェクトとして、その属性や利用方法を制御する事で、万全のセキュリティを実現します。予め定義された以外の利用・動作はできませんので、お客様は安心してシステムを利用できます。
  • 単一レベル記憶
    メモリとストレージとを単一の記憶域として扱う事により、システムのパフォーマンスを向上させると共に、記憶域管理を自動化します。データベース管理者が不要のシステムとして、運用負荷を大幅に軽減します。
  • オールインワン
    他のオペレーティング・システムとは大きく事なり、IBM i はお客様のアプリケーションを支えるためのあらゆる機能を提供します。例えばデータベース、ジョブ管理、セキュリティなどのミドルウェア機能群は、IBM i の一部として統合されています。お客様は、各機能のバージョンや修正プログラム、そしてそれらの整合性に注意を払う事無く、ビジネスに集中する事ができます。

【連携業務環境】

  • オープン性
    Unix システムと同様のファイル・システムと使い勝手を提供する、オープンなアプリケーション環境です。Java、PHP、Ruby、Python、Node.js、Perl などの言語群を利用できますので、他サーバーの技術者のスキルがそのまま活かされます。基幹業務環境とは異なり、これら言語におけるバージョン間の互換性は維持されません。すなわち時間的拡がりを持つ基幹業務環境に対して、連携業務環境は空間的拡がりを備えていると表現できます。また、基幹業務環境にアクセスするための、各種ドライバや API 群も製品の一部として提供されており、ハイブリッド型のアプリケーションを容易に開発できます。例えば Python から Db2 にアクセスする、Java が RPG プログラムを起動する、といった事が可能です。
既存SoRアプリケーションを拡張してSoEもサポート

価格・料金

お問い合わせください。

IBM i (AS/400)に関連する製品・サービス

お問い合わせはお近くの支店へ

お電話でのお問い合わせ

  • 東京本社
    :
    03-5326-4331
  • 東日本支店
    :
    048-603-1201
  • 名古屋支店
    :
    052-961-4331
  • 大阪支店
    :
    06-6203-4331
  • 九州支店
    :
    092-433-3511

※代表へおつなぎいたします。

サイトからのお問い合わせ

※担当者へ直接届きます。