製品・サービス

BESS (Belldata Entrance Security Service)

BESS (Belldata Entrance Security Service)

総合セキュリティ・アプライアンスを利用した運用保守サービス

BESS(Bell Data Entrance Security Service)は、お客様ネットワークを保護するためにセキュリティ・アプライアンス製品を設置し、ベル・データが保守と運用を提供する月額制サービスです。インターネットへの入口(Entrance)に設置される専用のハードウェア機器は、お客様社内のネットワークを様々なセキュリティ脅威から守ります。

アプライアンスには、セキュリティ定義ファイルであるシグネチャを自動更新する機能が備わっていますが、インターネットへのアクセス・ポリシーはお客様のビジネス環境に合わせて適宜更新される必要があります。ベル・データではセキュリティ・アプライアンスの設置と構成、その後のお客様のご要望に合わせて、Web フィルタリング・ルールやアプリケーション・アクセスのポリシー変更を、タイムリーにアプライアンス構成に反映させます。万が一のアプライアンスの故障の際は、ベル・データがメーカーと直接交渉いたしますので、お客様は慣れないネットワーク・テクノロジーを理解する必要がありません。

BESS はお客様のネットワークに、継続的な安全と安心を提供いたします。

製品資料ダウンロード

お客様ニーズ

以下のご要望にお応えします。

  • コンピュータやセキュリティに詳しい担当者がいない為、機器の導入から運用をお願いしたい。
  • セキュリティの対策を向上したいが、何から手をつけて良いかわからない。
  • インターネットのWeb やアプリケーションの制御を行いたいが、設定が苦手でどうすれば良いのかわからないし、面倒そうだ。
  • 新しいセキュリティの脅威など、ひとまず相談できる窓口が欲しい。
サービス概要

特長・ポイント

基本サービス

  • セキュリティサービス
    お客様のインタネット出入口にセキュリティ・アプライアンスを設置し、アンチウィルス、アプリケーション制御、迷惑メール対策、標的型攻撃防御、不正侵入検知/ 防御、Web フィルタリング、レピュテーションセキュリティ対策で、あらゆるインターネットの脅威から、お客様の大事な情報やIT インフラ基盤をお守りします。
  • 運用支援サービス
    セキュリティ機能のシグネチャ更新だけでなく、Web フィルタリングルールの追加と削除や、通信するアプリケーションの許可と禁止といった日々の運用もベル・データにてご支援します。また、機器ハードウェア障害時にはメーカーハードウェア保守へのエスカレーションを行います。

オプションサービス

  • ログ収集とレポート、拠点間 VPN 構築、リモートユーザー VPN 構築、冗長構成 (HA)、インターネット回線プロバイダ

導入から運用までの流れ

導入から運用まで

価格・料金

標準価格:月額30,000円~

サイトからのお問い合わせ

※担当者へ直接届きます。