製品・サービス

コンバージョン

コンバージョン

安全確実にオープン化も実現できる、
基幹業務システムのコンバージョン・サービス

運用コストを削減できない、他のシステムでは当たり前のテクノロジーが実装されない、さらにはメーカー保守終了が迫っているので他のシステムへの移行を余儀なくされる。これまで企業の根幹を支えてきたシステム、特に将来性が見えない汎用機やオフコンは、負の遺産(レガシー)になりつつあります。

新システムへの移行は、現行アプリケーションをそのまま活かし、必要であれば Web 対応化を行うコンバージョンなのか、パッケージ採用などによるシステムの再構築なのか、といった観点から検討が始まります。ベル・データではお客様要件を共有しながら、採るべき最善の手段を検討・提案いたします。アプリケーションを再設計する事もありますが、現行資産を有効活用できるコンバージョンは、多くのお客様に採用いただいています。

ベル・データのコンバージョン・サービスでは、お客様要件を満たす最適なシステムを選択しながら、基幹業務としての安定性を犠牲にする事なく、確実に次期システムへの移行を実現いたします。従来から課題であったコスト削減とオープン化も、移行作業を無駄にする事無く実現いたします。

移行が確実であるためには、たとえ基礎的な構造が異なっていたとしても、新旧両システムの互換性が高くなくてはなりません。汎用機にその設計ルーツを持ち、かつてのオフコンとしての性格を併せ持つ IBM i であれば、旧来システムのソフトウェア資産を機械的に変換することができます。また、これまでシステム化が困難であったテスト作業の領域にもメスを入れ、SHIFT 社と協業しテスト・ツールを活用する事で、お客様工数を削減しながら成果物の品質を担保いたします。さらに IBM i のハイブリッド性を活かす事で、単一システム内で旧来ソフトウェアと先端テクノロジーを連携させます。例えば旧来の COBOL アプリケーション資産をIBM i 向けにコンバージョンし、そのままさらに Web や AI と連携すれば、旧来の基幹業務アプリケーションは大きく強化され、お客様企業の市場競争力は格段に高まります。

旧システムのメーカー、システム、アプリケーション開発テクノロジーは多岐にわたります。ベル・データのコンバージョン・サービスは、自社のみならず、それぞれのテクノロジーを熟知した、経験豊富な多くのパートナーとの連携によって成り立っています。次期システムを検討しようと思ったら、まずはベル・データにご相談ください。

お客様ニーズ

オープン性が必要だから、選択するべきはオープン・システムである。次期システム選定において陥りがちな誤解です。言葉は似ていても、オープン性はオープン・システムのみに備わる特質ではありません。ベル・データのコンバージョン・サービスは、次期システムに対するニーズを、お客様と共に掘り下げ共有するところから始まります。

ベル・データのこれまでの経験に基づけば、企業の根幹を支えるシステムであればこそ、最も重要なお客様ニーズは安全性・確実性であると言えます。システム移行に失敗は許されませんし、移行先システムは旧来どおり安定稼働する事が求められます。新旧システム間の互換性、自動化されたコンバージョンとテスト作業、両システムを熟知した要員による緊密な連携作業。これらは一つとして欠く事はできません。

ベル・データのコンバージョン・サービスは、次期システムに対するニーズを、お客様と共に掘り下げ共有するところから始まります

多くのお客様はコンバージョンと同時に、オープン化をニーズとして掲げます。コンバージョン作業の成果物をそのまま活かしながら、Web や AI との連携を実現します。新旧のアプリケーション環境が単一システムの中で同時に実装されているハイブリッド性は、IBM i の大きな特徴です。プログラム言語もレガシー系のものから、Java や Python、Ruby なども同時に利用する事ができますので、アプリケーションの可能性は無限に拡がります。

お客様のビジネス要件を満たすために自発的にシステムを移行するならばともかく、メーカーの都合で移行を余儀なくされるのはあるべき姿ではありません。移行後のシステムが長期的にサポートされる事も必要です。IBM i ならば、プログラム資産が後の世代に継承されるアーキテクチャーを備えている事、メーカーである IBM は長期的サポートを明らかにしている事、など基幹業務用として理想を追求したシステムだと言えます。

特長・ポイント

ベル・データでは、以下を踏まえながら、次期新システムとコンバージョン・サービス候補を絞り込むようお勧めしています。IBM i とベル・データのコンバージョン・サービスは、これら全てを実現いたします。

  • 既存システムとの互換性と、変換ツールを活かした安全・確実なコンバージョン
  • レガシー性を保ちながらも、同時に先端テクノロジーを実装するハイブリッド性
  • メーカーが戦略的システムとして位置付け、長期的サポートを表明している将来性

コンバージョンにおけるベル・データ独自の取り組みは、ソフトウェアの第三者検証サービスを提供している SHIFT 社との協業です。SHIFT社による品質管理、テスト計画と設計、ツールを活用したテストを実施する事で、お客様作業負荷を低減しながら、コンバージョン成果物の品質維持に寄与します。

IBM i とコンバージョン・サービスをご採用いただいたお客様は、以下のメリットも併せて指摘しています。

  • OS に自動運転の考え方が組み込まれているおり、データベース管理など運用の作業負荷が激減した
  • 運用負荷軽減は人件費抑制、ひいては TCO( Total Cost of Ownership:総所有コスト)削減に効果があった
  • OS にセキュリティ機能が組み込まれており、オープンな環境下においても盤石なサーバー環境である

価格・料金

お問い合わせください。

コンバージョンの導入事例

品川リフラクトリーズ株式会社

品川リフラクトリーズ株式会社

情報システムの継続性・安定性を支えるIBM i

お問い合わせはお近くの支店へ

お電話でのお問い合わせ

  • 東京本社
    :
    03-5326-4331
  • 東日本支店
    :
    048-603-1201
  • 名古屋支店
    :
    052-961-4331
  • 大阪支店
    :
    06-6203-4331
  • 九州支店
    :
    092-433-3511

※代表へおつなぎいたします。

サイトからのお問い合わせ

※担当者へ直接届きます。