製品・サービス

EMC Data Domain

EMC Data Domain

IBM i (AS/400) 環境にも対応!バックアップ、アーカイブ、 災害復旧のためのストレージ機能を極めた重複排除アプライアンス製品

インターネットやクラウド利用が浸透するにつれ、ビジネス・データはあらゆる場所に広がっており、企業はそれらを保護するために多大な労力を投じる傾向があります。現在のデータ保護環境を根本から変革し、バックアップソリューションのあるべき姿を追求する、全世界でトップシェアを誇る新しいアプライアンス・ソリューション(特定用途向けに最適化された機器)が EMC Data Domain です。


オープン系システムはもとより、IBM i (AS/400) と連携することで、企業のありとあらゆるデータをバックアップ対象とする事ができます。

製品資料ダウンロード

お客様ニーズ

既存のテープ装置をそのまま置き換える事ができる、バックアップ専用のストレージ・システムです。物理テープでメディアの管理、トラブルに悩まれている方には現行の運用を変えずにテープメディアの管理から解放されます。
IBM i (AS/400) も同様にOS を含めたシステム全体のバックアップが取得可能です。

また、標準搭載の重複排除機能を活かす事で、必要とされるストレージ容量を大きく削減する事ができ、その容量は旧来のバックアップ時に対して、平均で 1/10 から 1/30 になります。バックアップされたデータは、既存のネットワークを利用して別サイトに複製する(レプリケーション)こともできますので、安価に災害対策を行うことが可能です。

特長・ポイント

IBM i (AS/400) 環境とオープンシステムの統合バックアップ

IBM i (AS/400) では物理テープ装置と同じように認識されます。テープ装置として認識されますので、既存のバックアップの運用を変えることなくディスクバックアップの実現が可能です。
また、IA サーバでは、CIFS とNFS をサポートしますので、Disk to Disk のバックアップ先を既存のNAS からDataDomain に変更するだけで、すぐに重複排除機能による高効率なバックアップが可能になります。

既存の運用を変えることなくディスクバックアップの実現が可能

重複排除

バックアップのデータサイズを最小化するための機能であり、小容量のディスクで大容量のデータを保存する事を可能にします。DataDomain はバックアップデータを保存する際、データを「ブロック」という単位に分けて保存します。違うファイルデータでもブロックのレベルでは重複しているデータがでてきます。重複するデータは一度しか保存せず、構成情報だけ保存するため保存するデータ量をとても少なくすることが可能です。また、バックアップ専用ストレージであるDataDomain ですので対象のデータはバックアップデータになりますが、バックアップデータは同じデータを何度も取得しているので重複排除機能ととても相性が良くなっています。

重複するデータは一度しか保存せず、構成情報だけ保存します

例えば毎日フルバックアップを取得する場合、そのほとんどのデータは前日分と変わりがありません。従来のバックアップでは繰り返し同じデータが保存されますので、ディスクの利用効率はよろしくありません。しかし重複排除機能を搭載したDataDomain ですとあたかも毎日フルバックアップを取っているようでも保存しているデータは重複していないブロックのみですので、保存するデータ量は最小限にしストレージ容量が少なくてすみます。ユーザーはこのような複雑さを意識することなく利用できます。

例えば 1TB のバックアップ・データを 30 日間保存するとしたら、旧来の方法では全部で 30TB もの容量が必要になります。もし前日との共通部分割合が 95%、変更部分が 5% あるとしたら、重複排除機能を活かせば、2.45TB( = 1TB + 0.05TB* 29)に抑える事ができますので、必要容量は 12 分の 1 以下になります。 (通常は初日分データの中にも重複部分がありますので、2TB 未満に収まる可能性もあります)

レプリケーション(複製)

極めて簡単にデータ複製構成を設定できます。 複製は 1 対 1、 N 対 1、 1 対 N のいずれであっても、またどのような転送方法であるかも問いません。重複排除して少なくなったデータを遠隔地にレプリケーションができるため、高価な専用回線などを準備せずに既存のWAN 環境を利用して災害対策が可能です。

極めて簡単にデータ複製構成を設定できます

ラインアップ全体を通じた共通機能

Data Domain はディスク容量に応じていくつかのモデル・ラインアップで構成されます。 全モデルに共通の OS が搭載されており、提供できる機能も共通です。

価格・料金

お問い合わせください。

EMC Data Domainの導入事例

品川リフラクトリーズ株式会社

品川リフラクトリーズ株式会社

情報システムの継続性・安定性を支えるIBM i

お問い合わせはお近くの支店へ

お電話でのお問い合わせ

  • 東京本社
    :
    03-5326-4331
  • 東日本支店
    :
    048-603-1201
  • 名古屋支店
    :
    052-961-4331
  • 大阪支店
    :
    06-6203-4331
  • 九州支店
    :
    092-433-3511

※代表へおつなぎいたします。

サイトからのお問い合わせ

※担当者へ直接届きます。