製品・サービス

Hybrid SCHEDULER

Hybrid SCHEDULER

ジョブの実行、スケジューリングを自動化する運用管理ソリューション

ジョブスケジュールの計画作業やジョブ実行のオペレータ作業を自動化し、複数台にまたがるシステム運用を一元管理

多彩なジョブネットワーク
時間指定によってジョブを起動する以外にも、先行・後続関係の制御やイベント発行をトリガーとする事ができます。

スケジュールの自動化
システムを自動運用するためのカレンダー情報を容易に生成する事ができます。

異なるマシン間のジョブ連携
IBM i と、他の IBM i や Windows、Linux などのプログラムを連携して処理することが出来ます。

製品資料ダウンロード

お客様ニーズ

顧客ニーズやサービスの多様化に伴い、システム活用における課題は変化しています。情報システム部門は競合他社に先駆けた戦略的システムの早期投入を図る一方で、増大するシステムの総所有コスト (TCO) を削減するよう求められています。日常的なシステム運用を確実にこなしながら、関連部門と協調して戦略的システムの策定と導入を推進しなくてはなりません。IBM i 運用担当者は次のような課題を抱えています。

  • システム運用の固定費削減を求められる一方で、運用の品質を維持しなければならない。
  • 運用業務やジョブを実行するオペレータ作業を省力化させる。
  • 複雑な業務システムのスケジュールを一元管理する。
  • オンラインとバッチ処理とを密接に連携させる。
  • バッチジョブのリカバリを自動実行させる。
  • IBM i と Windows, Linuxマシンを連携させて処理を自動化させる。
Hybrid_SCHEDULERの構成

特長・ポイント

主な機能

  • リアルタイム処理に対応
    オンライン処理のスケジュールが可能。 またファイルが到着する度に実行するような不定型なスケジュールに対応します。
  • 遅延管理
    ジョブが指定時刻に起動・終了しなかった場合の処置を登録できます。
  • 自動化リカバリ
    実行中のプログラムが異常終了した場合に、メッセージ単位でリカバリ対応します。
  • GUI 表示機能
    ジョブの状況表示と再投入等のオペレーションができます。

導入メリット

  • 運用の自動化・無人化によるコスト削減
  • 自動運用による人的ミスの撲滅
  • 複数台のシステム運用を一元管理
  • ジョブスケジュールの遅延も管理
  • トラブル発生時も自動でリカバリ

実績

  • 導入ライセンス :3000
  • 導入顧客数 :1000
  • 東証一部の導入企業 :200
  • 1992年リリース以来 :26年間

価格・料金

標準価格:1,000,000円
月額料金方式でのご利用はレンタルサービス「 BSAT 」をご検討ください。

Hybrid SCHEDULERに関連する製品・サービス

サイトからのお問い合わせ

※担当者へ直接届きます。