製品・サービス

VMware Horizon

業界をリードする仮想デスクトップとアプリケーションのプラットフォーム

VMware Horizon は、サーバ仮想化ソフトウェアのデファクトスタンダートである VMware vSphere のプラットフォーム上で、デスクトップとアプリケーションを仮想化する統合管理ソリューションです。
VMware Horizon を導入することで、コストを抑制しセキュリティを担保しながら、時間・場所・デバイスを問わずに利用できる作業環境、すなわちエンド・ユーザーにとってのテレワーク(※)を実現します。仮想デスクトップと仮想アプリケーションを提供することで、社員のワークスタイルの変革を推進します。

※ テレワーク…情報通信技術 (ICT) を活用し、時間や場所の制約を受けない柔軟な働き方

製品資料ダウンロード

製品説明動画

お客様ニーズ

VMware Horizon で以下のようなことが実現可能です。

ワークスタイルの変革 : テレワークの導入による社員の生産性向上

デスクトップ仮想化を導入することで...社員の次のようなニーズに応えます。

多様なワークスタイル、BYOD、在宅勤務、ペーパーレスな仕事環境

デスクトップ仮想化を導入することで...経営者の次のようなニーズに応えます。

人材の確保、BCP対応、業務体質の改善、社員の生産性向上

クライアント端末のセキュリティ強化

デスクトップ仮想化は、端末宛に画面のみを配信する仕組みのため、クライアント端末側にデータを一切残しませんので、万が一端末の紛失や盗難に遭った場合でも、情報漏洩を防ぐことができます。また、デスクトップ環境の集中管理により、確実なパッチ適用や不正アプリケーションの排除など、セキュリティポリシーを徹底する事が可能になります。

仮想デスクトップ
自由度を高めよりセキュアな環境を実現

クライアント端末の運用コスト削減

Horizon JMP テクノロジーが物理 PC 環境における運用管理の課題を解決します。

運用管理の課題を解決

特長・ポイント

VMware Horizon全体構成

VMware Horizon は、仮想化基盤ソフトウェア vSphere との密接な連携により多数の機能を提供いたします。以下、VMware Horizon の代表的な機能をご紹介いたします。

リンククローン (Linked Clone)

デスクトップ仮想化環境では、多数の仮想マシンを同じ構成で作成するため、リンククローン方式で仮想マシンを展開できます。リンククローン方式の場合、多数の仮想マシンを作成してもディスク容量をほとんど消費しないうえ、短時間で多数の仮想マシンを展開することが可能です。

リンククローン機能

Virtual SAN (VSAN)

複数の ESXi サーバー内蔵の SSD と HDD を束ねてプール化し、SSD をリードおよびライトバック・キャッシュとして利用することで、高いパフォーマンスを発揮します。高価な共有ストレージを購入することなく、冗長性と拡張性を備えた仮想共有ストレージを利用できます。

また、物理共有ストレージを購入する場合と比較して、vSAN で構成した仮想共有ストレージは、vCenter サーバーで管理できるため、運用がシンプルになるメリットもあります。本機能は VMware Horizon Advanced 以上のエディションで利用可能できます。

Virtual SAN (VSAN)

Remote Desktop Seesion Host (RDSH)

Windows Server のリモートデスクトップ・セッションホストに対応しており、リモートデバイスへのより効率的なアプリケーション配信が可能です。仮想デスクトップの画面配信と、RDSH によるアプリケーションの画面配信を組み合わせて利用できます。

リモートデスクトップ・セッションホスト

インスタントクローン

インスタントクローンは、リンククローンを進化させた機能です。即時性を大きな特長とする仮想デスクトップの展開方式で、30 台の仮想デスクトップをわずか 2 分以内で展開することができます。本機能は VMware Horizon Enterprise エディションで利用できます。

インスタントクローン

VMware Horizon は、上記の他にもデスクトップとアプリケーションの仮想化を行う上で、便利な多数の機能を備えております。エディションごとに利用できる機能については、以下をご覧ください。

エディションごとに利用できる機能

導入事例

豊島区様

  • VMware Horizon の仮想デスクトップ環境で庁内 LAN とインターネット接続を完全分離
  • 住民情報の安全性を守る高度なセキュリティ基盤を確立
メーカーサイトへ(→ https://vmware-juku.jp/casestudy/city-toshima/

価格・料金

標準価格:9,800,000円~
(Horizon Advanced 100 ユーザー同時接続ライセンス、3 年一括保守の場合)
※ その他のソフトウェア、ハードウェア、OS ライセンス、導入作業費用などは含まれておりません。

サイトからのお問い合わせ

※担当者へ直接届きます。