イベント・セミナー

IBM i Forum 2019

経済産業省から発表された「DXレポート~2025年の崖~」が、様々な議論を巻き起こしています。特にホスト・オフコンを使用する企業では、危機意識を持たれた方も少なくないと思われます。中堅・中小企業から大手企業まで、今だに一万を超えるユーザー様に31年間ご愛用いただいているIBM i (Power Systems)のお客様にとりましても、同じように危機意識をもたれるとともにこれまでの進化・発展が今後も継続されるのかどうか不安に感じている方がいらっしゃるかもしれません。

今回のセミナーでは、2025年を飛び越えていくために今も継続して進化しているIBM iの最新動向ならびにブラックボックス化の解消を実現する方法を事例を交えてご紹介します。

開催概要

セミナー名 IBM i Forum 2019
開催地 静岡
日時 2019年 9月 12日(木)
13:45 ~ 16:40<受付開始 13:30>
会場

JR静岡駅ビル パルシェ7F(地図はこちら)
〒420-0851 静岡市葵区黒金町49番地

申し込み期限 2019年 9月 6日(金)17:30
※申し込み多数の場合、期限前に終了する場合がございます
定員 20名
参加費 参加費無料・事前登録制
主催 ベル・データ株式会社
協力 日本アイ・ビー・エム株式会社
備考

・セミナー当日は、お名刺を 1枚ご持参のうえ、受付にお越しください。
・駐車場はパルシェ立体駐車場もしくは近隣の駐車場をご利用ください。(有料)
・多くのIBM i ユーザー様にご参加いただくため、同業種の方のお申し込みはご遠慮いただく場合がございます。

参加者プレゼント

プレゼント

セミナー参加者の皆さまへ、「iMagazine 最新号 (2019年夏号)」をもれなくプレゼント!
また、抽選で1名の方へ「超小型ACアダプター “DART“(ベル・データモデル)」をプレゼントいたします。
奮ってご参加ください!

製品詳細

プログラム内容

13:45 ~ 13:50 オープニング
13:50 ~ 14:50 IBM i とアプリケーション開発テクノロジー最新情報 ベル・データ株式会社 パワーシステムズ・エバンジェリスト 安井 賢克

IT やビジネスのトレンドを見据えながら、過去 31 年間にわたって IBM i のアプリケーション環境は進化・発展してまいりました。 当セッションでは先の 4 月に発表されたばかりの最新バージョンである IBM i 7.4 を前提に、各テクノロジーの狙いや開発部門の思惑を述べると共に、IBM i が備える独自の優位性を最大限に活かすためのヒントを説明いたします。

14:50 ~ 15:00 休憩
15:00 ~ 15:40 立命館大学様Javaから新世代RPGへ。 ~IBM i による基幹業務再構築プロジェクトのご紹介~ 日本アイ・ビー・エム株式会社 Power Systemsテクニカルセールス 佐々木 幹雄 氏

100台以上のWindowsサーバーからIBM i へ基幹システムを移行された立命館大学様の事例を紹介いたします。
システムの全般概要、ILE RPGを活用したモダナイズされたアプリケーション構造をはじめいつくかの技術トピックについて解説いたします。
従来のWindowsサーバーとIBM i を比較した差異のポイントについてもご紹介致します。

15:40 ~ 16:40 守りから攻めへ ~アプリケーション可視化ツール『X-Analysis』で 2025年の崖に備える~ ベル・データ株式会社 アプリケーションビジネス本部 新庄 梨加

現在のシステムにおいて俗人化、ブラックボックス化してまさに2025年の崖で指摘されている悩みを抱えられているお客様が多々いらっしゃるかと思います。当セッションでは、IBM iで俗人化,ブラックボックス化されたアプリケーションを可視化ツールである
x-Analysisを利用して開発の効率化を実現した事例をツールのデモを交えながらご紹介させていただきます。

※セミナープログラム等は予告なく変更されることがございます。あらかじめ、ご了承ください。

お問い合わせ

ベル・データ株式会社 デジタルセールス推進部 セミナー事務局

TEL:0120-924-458(受付時間:平日 10:00~12:00 / 13:00~17:00)
MAIL:bdseminar@belldata.co.jp