イベント・セミナー

ISDNディジタル通信モード提供終了対策セミナー ~ EOSセミナー第一弾 JCA・全銀アプリケーションの今後を提案します! ~

昨年9月に発表した「DXレポート」において、経済産業省はITにおける将来の危機を、「2025年の崖」であるとして警鐘を鳴らしています。背景の一つに、NTT東・西日本が2023年一杯で提供終了を予定している、ISDN(INSネット)ディジタル通信モードの移行問題があります。JCAや全銀手順に基づいた業務アプリケーションを利用しているあらゆるお客様は、別のテクノロジーへの切換えを検討しなければなりません。

本セミナーでは課題の再確認に始まり、「崖」を回避するためのソリューション、および移行策選定のポイントをご説明いたします。

開催概要

セミナー名 ISDNディジタル通信モード提供終了対策セミナー ~ EOSセミナー第一弾 JCA・全銀アプリケーションの今後を提案します! ~
開催地 大阪
日時 2019年 12月 12日(木)
14:00 ~ 16:30 < 13:40 受付開始 >
会場

日本アイ・ビー・エム株式会社 大阪事業所(地図はこちら
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト13F 日本アイ・ビー・エム株式会社 大阪事業所

申し込み期限 2019年 12月 6日(金)17:30
定員 20名
参加費 参加費無料・事前登録制
主催 ベル・データ株式会社
共催 株式会社サイバーリンクス ネオアクシス株式会社
協力 日本アイ・ビー・エム株式会社
備考

セミナー当日は、お名刺を 1枚ご持参のうえ、受付にお越しください。
駐車場のご用意はございません。公共交通機関をご利用ください。
申込者多数の場合、同業者様の参加をご遠慮いただく場合がございます。

プログラム内容

14:00~14:05 オープニング
14:05~14:35 2024年に訪れる通信の崖 ベル・データ株式会社 パワーシステムエバンジェリスト  安井 賢克

昨年公表した「DXレポート」の中で、経済産業省はいずれ直面するITリスクを「2025年の崖」と表現しました。当セッションでは、その背景にあってあらゆるお客様に影響するであろう、通信テクノロジーの課題と対策概要について説明いたします。

14:35~15:15 IBM i 用EDI基盤Toolbox JXクライアント/Toolbox 全銀TLS+のご紹介 ネオアクシス株式会社 ソリューション事業部 プロダクトサービス部  南 和宏 氏

IBM i のEDI通信に必要なツールであるToolbox シリーズ製品で、「JX手順」や「流通BMS®」の対応が可能な「Toolbox JXクライアント」をご紹介いたします。
全銀TCP/IP手順・広域IP網に対応する「Toolbox 全銀TLS+」に関してもご紹介をさせて頂きます。

15:15~15:25 休憩
15:25~16:05 ISDNサービス終了に伴う影響と、EDIクラウドサービス 株式会社サイバーリンクス 流通クラウド事業部 SCM営業課  道利 登士紀 氏
株式会社サイバーリンクス プラットフォームサービス開発室  山下 康彦 氏

EDIを主に使用されているISDNサービスは、2024年に終了します。当セッションでは、代替として最適なクラウドEDIサービスの紹介と、ISDNから切り替える場合の懸念事項をご紹介いたします。また、新たにタイムスタンプをIBMクラウド上に搭載し、サービス化する事も合わせて発表させて頂きます。

16:05~16:30 ソリューション選定ポイントと質疑応答・クロージング ベル・データ株式会社 ITソリューション推進部  又木 航也

当セミナーにてご紹介した各ソリューションの位置付けを概観し、移行策選定のポイントをご説明いたします。

※セミナープログラム等は予告なく変更されることがございます。あらかじめ、ご了承ください。

お問い合わせ

ベル・データ株式会社 デジタルセールス推進部 セミナー事務局

TEL:0120-924-458(受付時間:平日 10:00~12:00 / 13:00~17:00)
MAIL:bdseminar@belldata.co.jp