お知らせ・リリース
報道関係各位
プレスリリース
2022年 02月 07日
CData Software Japan 合同会社
ベル・データ株式会社

ベル・データとCData Software が業務提携を発表

~IBM i(AS/400)のバックエンドのモダナイズおよびエンタープライズ顧客のDX 支援ソリューションで協業~

2022年2月7日、CData Software Japan 合同会社(本社:アメリカノースカロライナ州、日本オフィス:宮城県仙台市、代表社員 職務執行者 疋田 圭介)は、ベル・データ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木 明一)と業務提携を発表しました。本提携ではベル・データの得意とするIBM i(AS/400)のREST API 化によるモダナイゼーションをはじめ、CData のコネクタ技術を活用しWeb・モバイル、ローコードノーコードツール、SaaS-基幹連携、BI、RPA など、DX ソリューション群を提供します。

Unlock IBM i Data

■IBM i(AS/400)などのエンタープライズ基幹システムのモダナイズは急務

IBM i(AS/400)は、多くの企業の基幹システムを支えています。それに加え、近年では企業はそれぞれの業務に併せ多様なアプリケーションを活用するようになっています。特にSoE の重要性が高まり、よりスピーディなシステム導入のためにSaaS やローコードノーコードツールが注目されています。しかし、基幹システムに蓄積されてきたデータはビジネスとして大きな価値を持つにもかかわらず、新しいツール群ではIBM i データを連携して活用することができず、企業での導入のボトルネックとなってしまっています。IBM i をはじめとする基幹テクノロジーのプロであるベル・データとコネクタソリューションのCDataが協業し、エンタープライズ基幹システムをモダナイズするソリューションを新たに提供します。

■IBM i のデータを本格的なREST API として公開し、基幹データの価値をアンロック

協業により、CData API Server では新しくDB2 for i をデータソースとしてサポートします。DB2 for i のデータを本格的なREST API としてセキュアに公開することで、クラウドやモダンなツールからデータをシームレスに活用できるようになり、基幹システムデータの価値を解き放ちます。

CData API Serverは、DBから本格的なREST API をノーコードで生成できるAPI 開発・ホスティングプラットフォームです。API Server は、エンタープライズレベルの機能およびセキュリティを備えています。

  • ローコード/ノーコードツールで使いやすい規格化されたREST API
  • ドキュメントを自動生成するほか、OData プロトコルやOpen API Specification (OAS, Swagger)にも対応し、ツールからのメタデータ利用が可能
  • オンプレミスDB に対しSSH サーバーでのリバースプロキシ機能を完備
  • 複数台構成やオートスケーリングに対応
DB2に接続して、API化するテーブルを選ぶだけで本格的にAPIに

■エンタープライズ顧客のDX 実現をサポートするモダンな連携ソリューション

CData とベル・データでは、他にもエンタープライズ顧客のDX 実現をサポートする多様なデータ連携ソリューションを共同で提供します:

  • ローコードノーコードツール:GeneXus
    ローコードでWeb アプリケーションを開発することができるソフトウェア。CData が提供する250 種類以上のSaaS/DB コネクタをGeneXus で使用し、シームレスにクラウドデータにアクセスするアプリケーション開発を実現。
  • エンタープライズBI:DaTaStudio
    基幹システムのデータのみならず、Salesforce、SAP、SharePoint、kintone を含めた多様なSaaS データを組み合わせ分析、可視化することで、企業の顧客タッチポイントやオペレーションのすべてをカバーするデータ利用を実現。
  • モバイル開発:Unifinity
    ノーコードで業務用モバイルアプリケーションを開発できるUnifinity でIBM i のデータに連携を実現。バックエンドのデータAPI もモバイルアプリもどちらもノーコードで開発することで高い開発効率を実現。
  • RPA:WinActor
    繰り返し業務の自動化を行うRPA ツールWinActor で、不安定な画面レコーディングでの連携ではなく、シームレスにSaaS データの連携オペレーションを構築可能に。
  • SaaS-基幹システム連携:DataSpider
    データ連携ソフトウェアとCData のコネクタを組み合わせることによって、SalesforceやSAP S/4HANA、SharePoint等で基幹システムデータの活用を実現。

■エンドースメント

ベル・データ株式会社 代表取締役社長 鈴木明一

お客様のDXを推進するためには、アプリケーション連携やデータ連携は不可欠と考えられ、今後連携機能へのニーズは益々高まっております。
API公開が可能なCData API Serverと、豊富なデータソースと接続できるCData Driverを活用することにより、DB2 for i のデータ連携は容易且つ迅速に実現できます。DX具現化によって、様々なお客様課題を解決していきます。
この度のCData Software 様との業務提携がお客様貢献度向上と両社のビジネス拡大につながると確信しています。

CData Software Japan 合同会社 代表社員 職務執行者 疋田 圭介

CData Software は、日本企業の基幹システムを支えるベル・データ株式会社との提携を光栄に思います。CData の得意とするクラウドデータの連携テクノロジーを使い、より高度なデータ活用を目指す企業を全力でサポートいたします。

CData Software について

CData Software, Inc. は、クラウドデータのコネクタソリューションおよびデータ連携ツールのリーディングベンダーです。250以上のSaaS、NoSQL やアプリケーションデータに標準接続するドライバーとデータ接続テクノロジーの開発に特化し、各種ツール、クラウドサービス、カスタムアプリケーションからのリアルタイム接続を実現します。CData 製品は、世界中の大手企業、中小企業、政府機関、教育機関のデータ統合ソリューションにて利用されています。

CData Software:https://www.cdata.com/jp/

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本サービスに関するお問い合わせ先

ベル・データ株式会社 デジタルマーケティング推進部

TEL:03-5326-4331
MAIL:info-marketing@belldata.co.jp