BELL Group 株式会社ベル・データ
お知らせ・リリース
報道関係各位
プレスリリース
2024年 01月 17日
ベル・データ株式会社

ベル・データと日本情報通信の共創サービス
「Power クラウド NEXT」お客様リリース開始

日本情報通信 BELLGROUP

BELLグループのベル・データ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木明一、以下ベル・データ)は、日本情報通信株式会社との業務提携の柱であるIBM Powerを利用した新クラウドサービス「PowerクラウドNEXT」を1月19日(金)より開始いたします。

「PowerクラウドNEXT」は両社が持つクラウドサービスの機能を融合し、サーバー、ストレージ、ネットワーク、アプリケーション全てにおいて進化した次世代統合型プラットフォームサービスです。加えて、両社の200名を超えるIBM Powerのエキスパートが、ユーザー企業の個別ニーズにも対応した運用サポートサービスも提供します。
この度、滋賀県に本社を置き金属全般の鍛造を主力としている企業をはじめとし、自動車部品・電子部品等をグローバルに製造・販売する総合部品メーカー企業の海外拠点用サーバーなど、基幹システムとしての安定稼働が要求されるビジネスシーンでのご利用がスタートします。

PowerクラウドNEXT提供価値

「PowerクラウドNEXT」を通じて、お客様から寄せられた課題への解決策を提示しサスティナブルなサービスとして展開し、また、従来のベル・データが展開するクラウドサービスと日本情報通信の展開するクラウドサービスを融合させた新たな共創サービスを、IBM Power市場の発展に向けて共に推進いたします。

1.お客様の課題

IBM Power市場は1988年のAS/400の発表から35年を超える国内有数のロングランのサーバー市場です。しかしながら、近年多くのユーザー企業においてシステム担当者の高齢化や後継者不足の問題、支援するパートナー企業の減少などいくつかの課題を抱えています。PowerクラウドNEXTにより将来に渡ってのIBM Powerの安定利用をコミットし、ユーザー企業をはじめIBM Power市場に関わるステークホルダーの方々に安心してシステムの利活用・拡大が可能なプラットフォームの提供を行います。

2.Power クラウド NEXT のサービス概念図

PowerクラウドNEXTのサービス概念図

  • IBM Power最新アーキテクチャを実装
  • OS環境としてIBM i だけでなくAIXも提供可能
  • お客様のRPGやCOBOLアプリケーションの保守/運用サービスを提供
  • ServiceNowによるサービス基盤のオペレーション高度化/自動化を全面採用
  • カスタマーポータル機能によりサービスカタログの提供、サービスリクエストの受付、ナレッジの提供などお客様によるセルフサービス性とユーザーエクスペリエンスを提供
  • クラウドサービスと容易に連携できるB-Core API-HUBを提供
  • NTT Comが提供する次世代インターコネクトサービス「FIC」を活用し、閉域でのネットワーク接続を実現
  • 今後、両社のサービスに限定することなく、国内外の有力なソフトウェアやサービスの参加を目指しIBM Powerのエコシステムプラットフォームを計画

*一部機能については現段階での予定であり、将来的に変更される可能性があります。

3.ご利用料金

お客様のご利用環境・ご利用形態に合わせて
柔軟にカスタマイズが可能な料金設定となっております。
詳細については下記お問合せ先までお願いいたします。

4.リリース日

2024年1月19日(金)にサービスを開始

ベル・データについて:https://www.belldata.com/

創業30年を超えたベル・データは、蓄積してきたテクノロジーをもって中堅・中小企業のビジネス上の課題に対するソリューションを提供します。3000社を超えるお客様とのお取引を通じて培われた技術力やサポート力を基盤に、最高のITソリューションインテグレーターが課題を解決し、企業の成長を支援していきます。BELLグループのパーパスおよびプロミスにもとづいた誠実な姿勢で事業活動を展開していきます。

社名 ベル・データ株式会社(英文名 BELL DATA, Inc.)
本社所在地 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル49階
代表 鈴木 明一
設立 1991年7月
事業内容 インフラストラクチャー インテグレーター事業
システムインテグレーター事業
クラウド・アウトソーシング事業
情報提供サービス



本件に関するお問い合わせ先

ベル・データ株式会社 Power事業部

MAIL:power@belldata.co.jp

アクセスランキング、
おすすめコンテンツはこちら