製品・サービス

保守延長サービス

保守延長サービス

EOSL(メーカーサポート終了)をむかえるIT機器の保守延長ができます。

保守延長サービスとはEOSL(メーカーサポート終了)をむかえるIT機器をメーカーに代わって我々が保守サービスするものです。このようにメーカーに代わって行う保守を第三者保守またはサードパーティ保守(Third-Party Maintenance)と呼びます。
昨今、メーカー保守と第三者保守を併用するハイブリッドメンテナンスはハードウェア保守では一般的になりつつあります。お客様は第三者保守を選択的に利用する事で、EOSLを迎える古いIT機器の保守を一時的に延命させ、自社都合に合わせてシステムを更改できるようになります。

製品資料ダウンロード

お客様ニーズ

現状使用中のIT機器がEOSL(メーカーサポート終了)をむかえるが

  • 新しいIT機器に入れ替える予算が取れない
  • 新しいIT機器での稼働検証が取れない
  • 新しいIT機器への移行作業が面倒
  • 現在使用中のIT機器で機能、スペックとも十分

という理由で、リプレースする事なく現状のIT機器の継続利用に伴い保守を継続したいお客様のニーズにお応えするものです。

特長・ポイント

既存のシステム基盤では、サポート終了期限に伴う更改計画や保守運用コストなど、大きな負担が強いられています。そこに第三者保守を活用頂くことにより、以下3つの効果を得ることができます。

  1. ハードウェア保守延命の効果
  2. 分散した契約・障害窓口の集約効果
  3. 異なる保守終了期限の機器群を、まとめて期限「末揃え」(まつぞろえ)する効果

特に3つ目の点は、システム利用期間の制約をユーザー様側でコントロールする事が可能になり、既存システム維持管理の負荷軽減と、最新技術への対応まで既存システムを安心して利用し続ける事ができます。

価格・料金

お問い合わせください。

保守延長サービスに関連する製品・サービス

IBM i(AS/400)ハードウェア保守サービス

IBM i(AS/400)ハードウェア保守サービス

“IBM i の専門知識” を持ったサービス員がハードウェア保守サービスを提供します

BOMS

BOMS

窓口一本化されたサービスデスクで専門のスタッフがお客様システムの監視、運用、障害時の切り分けまでを支援いたします。

安心パック for Network/Open

安心パック for Network/Open

ネットワークやオープン系 に関する技術問い合わせ窓口を提供いたします。

サイトからのお問い合わせ

※担当者へ直接届きます。