製品・サービス

WEBROOT Carbonite Endpoint/WEBROOT Carbonite Backup for Microsoft 365

ランサムウェアやハードウェア障害などからのパソコンデバイスのデータ保護

モバイル性の高いユーザーのエンドポイントデータを保護しようとしている企業は、データの広範な配布に対処する必要があります。WEBROOT Carbonite Endpoint Protection (WEBROOT CEP)は、エンドポイントデバイスに存在する全てのファイルのデータ保護を提供し、ランサムウェア、ハードウェア障害、デバイスの盗難、悪意のあるユーザによるデータ破壊などからのデータ損失を防止​します。
また、Carbonite Backup for Microsoft 365(WEBROOT M365)はTeams、OneDrive、Exchange、SharePoint、Plannerを含むMicrosoft 365スイート全体のデータ保護とマイクロソフトが保証しない範囲のデータ損失を防止​します。

製品資料ダウンロード

お客様ニーズ

以下、データ損失の要因となる対策が出来ていない

  • ウイルス感染によるデータの改ざんやデータ破壊(ランサムウェア等)
  • 停電や火災、地震などの自然災害
  • ハードディスクの故障、破損などのハードウェア障害
  • ソフトウェアのバグや他のソフトウェアとの競合・相性・仕様の相違などのソフトウェア障害
  • 従業員による、削除ミスや更新ミス、ファイルの取り違いなどの人的ミス
  • テレワーク時に外部に持ち出したパソコンの盗難などの犯罪被害

特長・ポイント

1.クラウド

  • リモートワークなど就業環境の変化に対応
  • 管理マネージャー等の設備投資は不要
  • インターネットのアクセスさえれば、どこからでも運用可能

WEBROOT CEP クラウド運用イメージ

CEP クラウド運用イメージ

WEBROOT M365 クラウド運用イメージ

M365 クラウド運用イメージ

2.シンプル・柔軟

  • バックアップ対象決定後は、定期的に自動バックアップ
  • 差分リストアやポイントインタイムリカバリなど柔軟なリカバリオプションを提供
  • リストア作業を利用者自身に委ねることも可能(CEP)
  • M365で保持していない権限のみの復元も可能(M365)

WEBROOT CEP バックアップ/リストアイメージ
(端末側/バックアップ対象選択画面)

CEP バックアップ/リストアイメージ・管理者側

WEBROOT M365 バックアップ/リストアイメージ
(バックアップ for M365 コンソール側/バックアップ状態画面)

CEP バックアップ/リストアイメージ・端末側

WEBROOT M365 バックアップ/リストアイメージ
(バックアップ for M365 コンソール側/バックアップ状態画面)

M365 バックアップ/リストアイメージ_01

WEBROOT M365 バックアップ/リストアイメージ
(バックアップ for M365 コンソール側/バックアップ状態画面)

M365 バックアップ/リストアイメージ_01

WEBROOT M365 バックアップ/リストアイメージ
(バックアップ for M365 コンソール側/バックアップ状況画面)

M365 バックアップ/リストアイメージ_02

WEBROOT M365 バックアップ/リストアイメージ
(バックアップ for M365 コンソール側/リストア設定画面)

M365 バックアップ/リストアイメージ_03

3.リーズナブルな価格設定

  • 容量課金モデル(スモールスタート可能)
  • 容量無制限モデル(運用が楽)

WEBROOT CEPのライセンスプランの違い

WEBROOT CEP には2種類のプランがあります。
※プラン違いはストレージ使用量のカウント方法が異なります

(注)最小発注単位5シート~になります
Standard Edition Advanced Edition
容量
1シートあたり100GB
Standard Edition:1シートあたり100GB
Advanced Edition:無制限
無制限
1シートの標準価格(1年)
7,889円~
Standard Edition:7,889円~
Advanced Edition:8,477円~
8,477円~
割り当てられたデバイス数の総容量の共有
共有可能
Standard Edition:共有可能
Advanced Edition:無制限のため共有なし
無制限のため共有なし
超過料金の発生するケース
デバイス数の超過および1デバイスあたり100GBを超える場合
Standard Edition:デバイス数の超過および1デバイスあたり100GBを超える場合
Advanced Edition:デバイス数が増えた場合
デバイス数が増えた場合
計算方法例
10デバイス(1,000GB)契約しているお客様が、11デバイス(900GB)使用している場合は、1シート分超過
10デバイス(1,000GB)契約しているお客様が、10デバイス(1,107GB)使用している場合は、2シート分超過
Standard Edition:10デバイス(1,000GB)契約しているお客様が、11デバイス(900GB)使用している場合は、1シート分超過
10デバイス(1,000GB)契約しているお客様が、10デバイス(1,107GB)使用している場合は、2シート分超過
Advanced Edition:10デバイス(容量無制限)を契約しているお客様が、13デバイス(1,350GB)使用している場合は、3シート分超過
10デバイス(容量無制限)を契約しているお客様が、13デバイス(1,350GB)使用している場合は、3シート分超過

WEBROOT M365のライセンスプランの違い

WEBROOT M365には2種類のプランがあります。
※プラン違いはストレージ使用量のカウント方法、購入可能方法が異なります

(注)最小発注単位5シート~になります
Capacity Edition Advanced Edition
容量
1シートあたり100GB
Capacity Edition:1シートあたり100GB
Advanced Edition:無制限
無制限
1シートあたりの標準価格(1年)
11,760円~
Capacity Edition:11,760円~
Advanced Edition:5,880円~
5,880円~
購入可能シート数
5シート(500GB)~
Capacity Edition:5シート(500GB)~
Advanced Edition:M365 全アカウント対象数
M365 全アカウント対象数
割り当てられたシート数の総容量の共有
共有可能
Capacity Edition:共有可能
Advanced Edition:無制限のため共有なし
無制限のため共有なし
超過料金の発生するケース
総容量が超過した場合~
Capacity Edition:総容量が超過した場合~
Advanced Edition:M365 アカウント数が増えた場合
M365 アカウント数が増えた場合
計算方法例
1,000GB(10シート)契約しているお客様が、1,107GB使用している場合は、2シート分超過
Capacity Edition:1,000GB(10シート)契約しているお客様が、1,107GB使用している場合は、2シート分超過
Advanced Edition:10シート(容量無制限)を契約しているお客様が、M365ユーザーが13アカウント使用している場合は、3シート分超過
10シート(容量無制限)を契約しているお客様が、M365ユーザーが13アカウント使用している場合は、3シート分超過

価格・料金

7,889円/年~(※Carnonite Endpoint Protection Standard Edition 1-9デバイス版の標準価格)

WEBROOT Carbonite Endpoint/WEBROOT Carbonite Backup for Microsoft 365に関連する製品・サービス

BIG-IP(ビッグアイピー)

BIG-IP(ビッグアイピー)

ADC, WAF, FireWall, VPN などの機能を備えるネットワーク・アプライアンス製品です

Asset View(アセットビュー)

Asset View(アセットビュー)

IT 資産管理や情報漏洩対策など、企業や組織が抱える PC の課題をまとめて解決します。

サイバーソリューションズ クラウドサービス

サイバーソリューションズ クラウドサービス

ビジネスメールのセキュリティ対策をまとめて解決する国産クラウドサービス

サイトからのお問い合わせ

※担当者へ直接届きます。