お客様ニーズ

スパゲッティ化したプログラムを整理して保守性を高めたい

絶えず変化するビジネス環境に対応するために、ビジネス・プロセス、さらにはこれをサポートする基幹業務アプリケーションもタイムリーに見直す必要があります。しかしながら長年利用されてきたアプリケーションの改修は容易でない事もまた事実です。

プログラム保守要員の仕事時間の約半分は、既存プログラムを理解するために費やされているという統計データがあります。既存のプログラムを分析・可視化する事で、改修時の影響範囲を容易に特定できるようになれば、ビジネス要件に合わせた改修の生産性が高まります。

要件に合うソリューションは「アプリケーション分析ツール」カテゴリにある、X-AnalysisTrinitySS/Toolです。この中で、機能と価格性能比、全世界で5,000社の導入実績(2018年10月時点)がある事からベル・データが推奨するのはX-Analysisです。

なおベル・データでは既存アプリケーションを診断・保守するアプリケーション保守サービスも提供しています。お客様自身による作業が困難になるなどの場合は、是非ご相談ください。

このニーズに対応する製品・サービス

X-Analysis

X-Analysis

IBM i (AS/400)環境におけるアプリケーションのメンテナンス効率向上 50% を目指す分析ツール

Trinity

Trinity

IBM i (AS/400)環境における設計書の自動生成を中心に「システムの可視化」を強力に支援する開発者向けツール

SS/TOOL-ADV

SS/TOOL-ADV

IBM i (AS/400)環境におけるアプリケーションの開発・保守支援ソリューション

アプリケーション保守

アプリケーション保守

IBM i( AS/400)上の RPG や COBOL で記述された基幹アプリケーションの保守・改善