お客様ニーズ

「一人情シス」により生じる様々な課題に備えたい(2022/3/1 更新)

企業活動の基幹を成す業務を支えるアプリケーション。日々これを運用し、何らかの異変が生じたら最優先で取り組み、全社に向けて滞りなくITサービスを提供する情報システム・スタッフの役割は、極めて重要であることは言うまでもありません。あわせて、法や制度の改正、セキュリティ脅威への対策、ビジネス要件に合わせたアプリケーションの改修など、将来への備えも怠りなく進める必要があります。

ところが一人だけのスタッフなど、慢性的な人手不足に悩まされている情報システム部を擁する企業は、その日常・将来において、潜在的なリスクを抱えています。何らかの異変に即応できる体制が無ければ、「DXレポート」(2018年・経済産業省)が言うところの「2025年の崖」からの転落、すなわち全国で12兆円に達するとされる損失から免れることはできません。ベル・データの各種サービスは、「一人情シス」対策としてこのようなリスクを回避されたい、多くのお客様に採用いただいています。

お客様システムの日常運用を支援する「BOMS」や、情シス担当者様向けに提供するQ&A窓口サービスである「安心パック for i」は、ベル・データのお客様にとって定番的なサービスとなっています。お客様はシステムの異変や何らかの技術的な課題・疑問に直面した際に、孤立することはありません。

ドキュメントが失われてしまっている、または改修内容が反映されていないためにドキュメントが役立たない、このようなアプリケーションを抱えていては、ビジネスに寄与することは極めて困難です。ベル・データではツールを活用して、RPGやCOBOLで記述されたお客様のアプリケーションを解析・ドキュメント化することで、「アプリケーション保守」を提供します。

ベル・データでは技術者が24時間・365日体制で常駐するデータセンターを運用し、システムの何らかの異変に即応できる体制を維持しています。ここに保有するシステムをご利用いただく「Power Cloud for i」は、お客様のIT投資の最適化に寄与します。お客様システムをセンターにお預かりし運用する「ハウジング」を利用いただければ、システム資産管理の負荷が軽減され、さらに上述のサービス群と併用することで、お客様はビジネスやITの将来に向けた取り組みに集中いただけるようになります。

なお「一人情シス」は、削減されたIT要員というだけではなく、DXに取り組むチームと従来システムの運用に携わる一人だけの伝統的システム部が、人的にも技術的にも分断された状況にあることを示唆する場合もあります。新旧システムの利点をどのように評価し連携させるのが最適なのか、判断は容易ではありません。このような場合は、経験あるチームが持つノウハウを活かしながらシステム企画を進めていただくために、「システムコンサルティング」の採用をご検討ください。

運用支援サービス

このニーズに対応する製品・サービス

安心パック for i

安心パック for i

IBM i( AS/400) の技術支援サービス

アプリケーション保守

アプリケーション保守

IBM i( AS/400)上の RPG や COBOL で記述された基幹アプリケーションの保守・改善

BOMS

BOMS

窓口一本化されたサービスデスクで専門のスタッフがお客様システムの監視、運用、障害時の切り分けまでを支援いたします。

Power クラウド

Power クラウド

企業システムを信頼と実績のあるIBM i +クラウドで構築することで 長期間にわたる安定稼働を実現します!

ハウジング

ハウジング

お客様の重要なシステムを、安全性と信頼性を追求した万全の設備でお預かりいたします。